INFO

ABOUT US

 

綜合美術団体パレットクラブは、百年以上の歴史を持つ慶應義塾団体唯一の公認の美術サークルです。

日吉のアトリエを製作拠点とし、現在絵画と陶芸の2パートを中心に、立体、服飾、映像などといった多岐にわたる幅広い芸術的創作活動を行っています。

合宿や他大との合同展覧会など、イベントも盛りだくさん。

冬にはアトリエでこたつを囲んで鍋をするなど、誰でもくつろげる癒しの空間です。

少しでも気になる方は是非一度アトリエに足を運んでみて下さい。

経験者、未経験者問わず大歓迎です。

 

2016年度新入生歓迎情報こちら

ACCESS

 

 

日吉グラウンド裏

キャンパスより徒歩7分

 

 


 

 






写真付きの解説はこちらアトリエへの行き方からどうぞ

絵画パートより


こんにちは。パレットクラブにようこそ!

このサイトを見て下さっているあなたは、少なからず美術に興味のある方だと思います。

絵画パートは、そんな様々な美術の分野の中でも、その名の通り絵画制作を行う部門です。 

ですがこれは、部員は必ず絵画、もしくは陶芸パートに属して活動しなければならない、というものではありません。

活動は完全に個人の自由で、絵画、陶芸、彫刻や服飾でも何でも、 好きな時に好きなものを好きなように制作すればよいのです。

実際に、複数の分野で制作活動を行っているマルチな部員もたくさんいます。

絵画パート内においても、これまで述べたのと同様に、活動は各人に任されています。

一口に絵画といっても、人物画、風景画から抽象画まで様々です。

部員たちが使う画材も、油彩を中心に、水彩、アクリル、パステル、鉛筆、CG…など多岐に渡ります。

絵の具は勿論のこと、キャンバスロールやキャンバスを張る木枠、絵を立て掛けるイーゼルなどがアトリエにありますので、特別難しい道具は必要ありません。

絵を描くのなんて初めて!という人も、全てアトリエにある画材でイチから絵を描くことが出来ます

もちろん、鉛筆と画用紙から始めても構いません。

あまり気負わずに、絵を描くことを楽しんで頂ければ幸いです。

ただ、自分で好き勝手に絵を描いてるだけじゃ物足りない…という方もご安心あれ。

パレットクラブでは、他大学との合同展(年数回)や三田祭展示、デッサン会などのイベントが年に何度もあります。 

それは自分の作品発表の場であると同時に、人の作品から刺激を得られるという意味でもいい機会だと思います。

これほど恵まれた環境を他に見付けるのは、なかなか難しいのではないでしょうか。

ぜひこの環境を活かして、絵を描いてほしいと思います。

パレットクラブならびに絵画パートというものに興味がわいてきた、またはもっともっと詳しいことが知りたい、もしくは これまでの話がいまいち信じられない、というそこのあなたは、とにかく一度、直接私たちを訪ねてみて下さい。 

あまりの居心地のよさに(!?)展覧会前には泊まり込みで作品制作に打ち込む部員がいるようなアトリエの魅力が、きっと分かることでしょう。 

陶芸パートより

 

当パートは名の通り陶芸の制作をメインとして活動しています。

もっともパートというのは管理上のもので、絵画等をやりながら作陶している人も多くいます。

ろくろを使用したものが中心となっていますが、てびねりやたたらなど各人が自由に活動しています。

設備としては、ろくろと窯をアトリエに所有しているので、基本的に全工程をアトリエにて行うことが出来ます。

また、夏季休暇中に益子での陶芸合宿を行っています。

プロに習うことの出来る良い機会となっています。

陶芸は普段はなかなか挑戦することが出来ないので、良いチャンスになると思います。

ほとんどの人が初心者として始めています。

難しそうだななどと気にせずに、少しでも興味がある方は挑戦してみてください。

自分の茶碗などを作ってみるときっと楽しいと思います。

作ってみて気に入ったものが出来上がったら、その作品を展示する機会もあります。

三田祭はその一つです。

そのほかにもサークルとしていくつかの展覧会に参加するので出品することが出来ます。

陶芸に興味がある方や質問がある方、もっと詳しく知りたいという方はぜひ気軽に声をかけてください。

CONTACTなどからでも対応いたします。